BLOG

今年一年ありがとうございました。

みなさんこんにちは。 院長の屋良です

 
やら整形外科の今年の診療は12/29で終わりました。
 
 
今年はコロナで始まりコロナで終わった一年でした。
 
色々と大変なこともありましたが、多くの方々のおかげで無事に今年を締めくくることができました。
 
当院を支えてくれている患者さん、スタッフのみんな、業者さん、地域の方々に心から感謝します。
 
今年はコロナの影響で、忘年会や歓迎会、送別会など一切できませんでしたので、最後にクリニックにてささやかな締めくくりの会(送別会)をしました。
 
今日で2人のリハスタッフが妊娠出産のため退職となりましたので、みんなで笑顔で送り出しました。
2人とも今まで本当にありがとう!!
 
 
 
 
 
今年も終わり・・
 
 
来年はさらにパワーアップしたやら整形外科でスタッフ一同みなさんをお持ちしています。
今年一年ありがとうございました!!
 
2020年12月30日
股関節痛に貧乏ゆすりは本当に効く?
皆さんこんにちは。院長の屋良です。😊
 
今年も年の瀬が近づいてきました。いつもは慌ただしい季節ですが、今年はコロナのせいで忘年会もなく、少しのんびりできています。
今年の疲れを癒やしに当院に来てくださいね^^
 
ところで・・・
最近当院には”股関節痛”の患者さんが多く来られます。
私は元々股関節の手術を多くしていたせいか、遠方からも来ていただいています。
 
股関節痛はなかなか治りにくい痛みの1つです。そしてその要因として、変形性股関節症があります。
 
変形性股関節症とは、股関節の骨が変形してしまい、体重をかけるときに痛みが出たり、動きが悪くなる病気です。
原因は股関節の骨の形にある場合が多く、若い方から高齢の方まで多く認めます。
 
そしてそのような股関節痛の治療法として、” 股関節痛には貧乏ゆすりが効く ?という噂を聞いたことはありませんか?
股関節専門医の学会でも、数年前から時々報告があります。
最近は患者さんからも、「貧乏ゆすりは効くのか」という質問を受けますが、たしかに効くと言われる先生もいます。
 

その理由として、細かい振動が繊維軟骨の再生を促し、さらに関節に負荷をかけずに運動することができるので、股関節がスムーズに動くようになるというものです。

 

しかし・・・この効果が出るには、貧乏ゆすりを長時間することで、股関節にマイクロモーションという刺激を与えなければなりません。

実際私もしてみましたが、長時間貧乏ゆすりをやろうとしてもあまり長くは続きません・・・

 

そこで、当院が推薦している健康器具として以前もご紹介しましたが、” あしふみ ”という道具があります。

 

これは、座ったままで有酸素運動ができ、なおかつ効果的な”貧乏ゆすり”のような運動ができる道具です。

 

 

 

 

貧乏ゆすりで股関節の動きをうながし、有酸素運動ができ、下半身の血流をアップさせる・・・。
やはりこれは有効ではないかと思っています!
 
テレビでも見ながら、本でも読みながら・・・ ながら運動で貧乏ゆすりのような運動をしてみてください。
 
当院の待合室、リハビリ室に”あしふみ”を置いていますので、股関節痛の方は特に気軽に試してみてください。
2020年12月27日
コロナ自粛中の手首の痛みが激増中!
こんにちは。院長の屋良です。😊
 
 
昨日のテレビ番組で、「◯界一受けたい授業」というものがありました。
見た方はいらっしゃいますでしょうか?
 
この中で、コロナ自粛中に増えた病気の一つとして、「手首の痛み」が出ていました!
 
スマホの使いすぎによる手首の痛み、それを「ドゥケルバン病」といいます。
 
 
・ドゥケルバン病とは?
 
ここ最近、手首の痛みを訴える方が急増しています。
 
悪化すると「痛くて物が持てない…」など日常生活に影響がでることもあります。特にコロナ禍におけるスマホの使いすぎに伴って、非常に患者さんが増えています。
 
 
・ドゥケルバン病のセルフチェック
 
ドゥケルバン病のチェックは、利き手で行います。
 
利き手をまっすぐに伸ばし、親指を内側に握り込むようにして握りこぶしを作ったら、小指側へ手首を曲げます。
このとき、親指側の手首の付け根に痛みがあった人は、ドゥケルバン病の可能性があります。
フィンケルシュタインテストといいます)。
 
フィンケルシュタインテスト
 
・原因は?
 
スマホのフリック操作は親指で行うことが多く、親指を伸ばす「腱」が酷使されてしまいます。
実は人間の手の性質上、親指は上下左右の激しい動きにあまり慣れていません。スマホの操作で「腱」と「腱鞘」に摩擦が生じると炎症を起こやすく、腱鞘炎につながるケースが多くなっています。
 
 
・家での治療方法は?
 
普段も痛みを感じる場合は、親指を休めながらケアも行うと効果的です。
具体的には、手首の付け根をお風呂で温めたり、湿布や塗り薬を使ったりすると痛みを軽減することができるのでおすすめです。
 
注意が必要なのは、あまりマッサージをしすぎないことです。痛いところをゴリゴリとマッサージすると、逆に悪化してしまうことがあります。
 
 
・治りが悪いときは整形外科へ!
 
それでもなかなか治らないときは、かかりつけの整形外科に行きましょう!
 
当院の場合、治療法として、
 
1・ストレッチ
 
2・内服薬や湿布、塗り薬など
 
3・超音波治療
 
これらをまず行います。
 
比較的症状の軽いかたはこれで改善することが多いです。
 
しかし症状の強い方はさらに注射や、理学療法士によるリハビリが必要な場合もあります。
 
注射とは:痛みや腫れが強く、仕事や日常生活に支障を来す場合や、投薬治療などを行っても改善が見られない場合には、腫れている腱鞘にステロイド注射を投与して、炎症・腫れ・痛みを押さえます。
 
どちらにしろ慢性化してしまうとなかなか治らないので、早めに整形外科を受診してください
 
わからないことがあったらいつでもご相談ください
 
 

 

2020年12月20日
12月は、コロナ対策強化月間!
12月になりました。
 
今年もあっという間に年末ですね。
いつもなら忘年会などで盛り上がる時期ですが、今年はコロナでそんな雰囲気もありません・・・
 
しかし!! そんなことで落ち込んでいてはいけません!!
 
当院は迫り来る “コロナ第3波“  に備え、今月を“コロナ対策強化月間“ としました。
 
とにかく院内が清潔で安全であること! 今まで以上に意識してコロナ対策をすること!
 
患者さんに安心していただくように、当院は徹底的にコロナ対策を実行します!!!
 
スタッフ一同、”福岡で1番の清潔で安全なクリニック”を目指しています。
 
 
 
 
 
 
具体的には、
 
1.スタッフのマスク着用、消毒液の定期使用
 
2.毎朝スタッフの体温チェック、体調管理
 
3.院内入り口にアルコール消毒液を設置
 
4.院内消毒の徹底(ベッド、手すりなど)
  診察、リハビリでは患者様ごとにベッドを消毒
  診療前、昼休み、診療後に消毒液による院内清掃
 
5.定期的な院内の換気
 
6.患者様への問診、体温測定のお願い
 
7.院内での待機が不安な方は、車内待機も可能です。
 
 
これらを徹底して行います!
 
スタッフ一同、意識を高めて皆さんをお待ちしています^^
 
2020年12月03日